• BPグランプリ詳細
  • 頂上への道のり
  • 展示会案内
  • 出展企業案内
  • アクセス

トップに戻る

BPグランプリ2013 Load to the top 頂上への道のり BPグランプリ優勝までの道のり 予選の熱き戦いをレポートします。第一回のBPグランプリを制するのは誰だ!?

2012年10月27日

地区2次予選[北海道ブロック]

開催日:10月27日(土)

会場:板金・見積り 北海道自動車整備大学校(札幌市東区)

        塗装 テクニカルオート(札幌市厚別区)

10月27日、北海道ブロックの2次予選大会が、北海道自動車整備大学校・実習棟をメイン会場に開催された。開会式で日本自動車車体整備協同組合連合会・青年部会の北海道ブロック代表幹事、梅村智秀氏から「競技に参加した前後の自分を比較すると、自分の今後の標を見つけられる。有意義な1日になるように頑張ってください」と激励を込めたあいさつがあった。
板金部門と見積り部門は北海道自動車整備大学校で、塗装部門はテクニカルオートで、板金部門8人、塗装部門9人、見積り部門8人がそれぞれ実技と筆記で、日ごろの技術と知識を競い合った。
競技終了後、表彰式と閉会式が行われた。審査委員長の永縄俊裕氏は「皆さんが日頃に培った成果を存分に発揮された様子がみられた。たまたま僅差で今回の結果になったが、競技を通して見つけたことを今後の業務に活かしていただきたい」と総評した。最後に札幌地方自動車車体整備協同組合の平塚睦子理事長が優勝者に賛辞の言葉を述べ、「競技会に技術者として挑戦したことがこの先に生きてくる。さらに一生懸命に勉強を続けるようお願いします」とBPグランプリに参加した選手全員に、これをきっかけにした技術の底上げを訴えた。

左から、江縫直哉、大沼智也、広川太一の各氏

板金部門

順位 名前 会社名
第1位 江縫直哉
(敬称略、以下同)
ホンダカーズ札幌中央(札幌市白石区)
経験年数:10年
コメント:まさか優勝するとは思っていなかった。全国大会で恥をかかないように頑張る
第2位 増田浩信 テクニカルオート(札幌市)
第3位 山口太一 テクニカルオート(札幌市)

◆板金部門出場者(受験番号順)
堀川哲也 阿部自動車工業(札幌市)
金山剛一 ホンダカーズ札幌中央(札幌市)
安川清則 テクニカルオート(札幌市)
小林秀樹 スーパーピット(帯広市)
藤田直也 ヤナセオートシステムズ(札幌市)

塗装部門

順位 名前 会社名
第1位 大沼智也
(敬称略、以下同)
オホーツク整備(北見市)
経験年数:7年
コメント:北海道の皆さんのためにも全国大会で頑張る
第2位 宮城透夢 テクニカルオート(札幌市)
第3位 森本勝雄 テクニカルオート(札幌市)

◆塗装部門出場者(受験番号順)
松田雄太 ホンダカーズ札幌中央(札幌市)
三橋 栄 ホンダカーズ札幌中央(札幌市)
児玉和夫 伊尾自動車(苫小牧市)
楠優 牧口車体工業(室蘭市)
安井昭登 ドリームコンティニュー(岩見沢市)
木戸寿之 ヤナセオートシステムズ(札幌市)

見積り部門

順位 名前 会社名
第1位 広川太一
(敬称略、以下同)
広川自動車工業(札幌市清田区)
経験年数:15年
コメント:2次予選に参加した仲間と頑張った成果で、決勝大会も頑張りたい
第2位 熊谷大輔 ケーズオート(登別市)
第3位 森国一馬 サッポロ日昭自動車(札幌市)

◆見積り部門出場者(受験番号順)
敦澤和夫 ホンダカーズ札幌中央(札幌市)
木村正邦 シュガー自動車販売(札幌市)
圓道健憲 カーオート・ジーエム(帯広市)
立花美幸 カーオート・ジーエム(帯広市)
成吉祥和 ヤナセオートシステムズ(札幌市)

このページのトップに戻る